プリリジーは「SSRI(うつ病治療薬)」

「プリリジー」という薬は、世界初の飲む早漏治療薬として、世界中の早漏に悩む男性たちの間で持て囃されています。
その効果や安全性は確かで、世界10ヵ国以上数百万人の早漏症患者に愛用されています。
この薬の主な作用は、女性の膣への挿入から射精までの時間を延長することです。
これにより、男女の性行為におけるタイミングの不一致を調節して、満足感を得ることが出来るようにするのです。
服用方法は1日に1錠(30mg)を基本として、水と一緒に経口服用するだけです。
ED(勃起不全)薬のように、空腹時・満腹時などの食事の時間を気にする必要はありません。
また、この薬は継続して服用するほど、効果が期待出来ます。
一応副作用はありますが(頭痛・めまい・下痢・不眠・疲労感など)、発症するのは10%にも満たないという低い数値が出ています。
この薬は、早漏治療薬としての顔だけでなく、実は「SSRI(うつ病治療薬)」という「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」としての顔も持っています。
それはこの薬の有効成分が「ダポキセチン」という物質だからです。
うつ病の患者さんが抱える不安や緊張感などは、脳内で分泌される「セロトニン」という物質が取り除いてくれます。
ここで言う「ダポキセチン」は、この「セロトニン」の減少を抑制し、血中濃度を高めて脳を落ち着かせてくれるのです。