一回しかいけない早漏の男性に金冷法は効果がある?

一回しかいけないという男性もいるでしょう。1回のベッドインで複数回の性行為をするというカップルもいるでしょう。特に若ければその回数というのは顕著に表れます。しかしなかには一回しかいけないという男性もいて、1日に2、3回の性行為は無理という人もいるでしょう。たとえばその人が早漏であるとすれば、問題は深刻さを増します。どのような事態が考えられるのかというと、相手が欲求不満になってしまうという点が挙げられます。

パートナーが欲求不満を抱いた後の問題点として、深刻なのは浮気です。欲求不満を抱えてしまい、またパートナーが早漏であることから、満足できない性行為を捨てて違う男性に行くというシナリオです。一回しかいけないということは、ここまでの深刻な問題を引き起こしてしまう可能性もあります。1日に複数回の性行為ができないのであれば、一回の性行為に賭ける方法もあります。そのために早漏を改善する必要があるでしょう。

早漏改善にはいろんな方法がありますが、よく知られた方法としては金冷法が挙げられます。これは、ペニスで最も刺激が強い亀頭に冷たい水や温かいお湯を交互に掛けて、敏感な亀頭を鍛えるといった方法です。この金冷法は今も昔も良く知られた早漏改善法になっており、特に若い男性はこれを実践している人もいるくらいです。女性にすればお笑いのネタ、もしくは失笑されるレベルの改善法が金冷法になるでしょう。

しかし男性にとってみれば、本気です。なんとか早漏を治して、彼女やパートナーを満足させてあげたいと考えています。金冷法は根本的な早漏解決策にはなっていませんが、亀頭に与える刺激に耐え、経験値を身に着けることで射精を遅らせるという期待を持つことができるでしょう。