包茎で早漏気味になっている人には塩酸ジブカインが有効

包茎が早漏の原因として挙げられる理由は、男性であれば想像することができるでしょう。通常時に亀頭が露わになっていない状態が包茎です。包茎にもいろんな種類があり、勃起したら亀頭が露出する形態や、勃起しても亀頭は皮を被ったままという状態もあります。経験豊かな女性であれば、恥ずかしがり屋のかわいい子ちゃんというように可愛がってくれますが、男性にとっては大問題になります。

まず見た目が良くないです。下半身を見せるような場面であるお風呂などでは、剥けている男性がいれば縮こまってしまうほど自信を無くしてしまう瞬間です。また早漏にも影響を及ぼす可能性があります。普段から皮を被っていることから、亀頭は刺激を受けにくくなっています。常に亀頭が露わになっており、刺激を受けている状態とそうではない状態の場合、早漏になりやすいのはどちらか想像すればわかるでしょう。

そんな早漏で悩んでいる男性のとっておきの改善方法があります。それは塩酸ジブカインが配合されている医薬品を亀頭に塗ることです。消毒液で有名な製品に配合されていることで、都市伝説のようにあっという間に広がっていきました。現在その製品は、消毒液として健在ですが、成分が変更され塩酸ジブカインが配合されていないものもあります。

しかし塩酸ジブカインが配合されている医薬品はまだあります。かゆみ止めなども使われていることが多いです。手軽な早漏防止策になりますので、どうしても利用したいといった時が来た場合は、医薬品の裏の配合に目を凝らしてみるとよいでしょう。しかしあくまでも用途は別のものです。それが正しい使い方にはなりません。もし何か障害が起きた場合は、医師に説明方法を考えておくと良いでしょう。