臨床試験もされている早漏の医薬品について

早漏を治療することができる医薬品は、世界中で研究開発されています。
臨床試験を繰り返し行っていて、国の認可を正式にとっているものが数多く開発されていて、多くの男性の悩みを解消しています。
早漏を治療できる医薬品には、「プリリジー(Priligy)」というものがあります。
プリリジーは、世界的に有名な製薬会社のジョンソン&ジョンソンが世界で初めて開発した内服薬タイプの早漏治療の医薬品です。
主な有効成分は、ダポキセチンであり、脳内の興奮を抑制する働きがあるセロトニンの濃度を高める効果があります。
セロトニンの濃度をあげることで、性的興奮を抑えることができ、性行為の際の射精の時間を長くすることが可能です。
プリリジーの臨床試験では、30mgのプリリジーを服用することで、挿入時間が54秒から2分48秒にのびたというデータが公表されています。60mgのプリリジーを服用した場合の臨床試験では、54秒から3分30秒挿入時間がのびたとというデータが公表されています。
実際のプリリジーの購入者によると、挿入時間が2~3倍になったとされていて、高い効果を発揮することが明らかにされています。
内服薬であるため、正しい服用をすることで、高い効果が確実に得られるため、多くの男性が服用しています。
プリリジーには、ジェネリックが開発されています。
ジェネリックは、有効成分が同じなのにもかかわらず、先発医薬品よりも割安に購入することができるため、人気を集めています。
早漏の効果は、ジェネリックでも同様な効果が得られるため、世界中のさまざまなメーカーで開発されています。
プリリジー以外の早漏治療薬には、スーパーカマグラやシルディグラスーパーパワーなどがあり、早漏に非常に効果があります。